腰痛を防ぐ日ごろの心がけ

多くの場合、腰痛の原因は筋肉がこわばっているためだといわれます。腰の筋肉がこわばると筋肉痛になり、腰がずっしりと重くだるい感じになります。このタイプの腰痛を防ぐには日ごろの心がけが大切です。毎日背筋を鍛える運動をして筋力を向上させるようにしましょう。
一番簡単な方法はうつ伏せになって反り上がる方法ですが、初めから頑張りすぎると腰を痛めて逆効果になる恐れがあります。そのため最初は軽く、負担にならないペースで行うことが肝心です。大切なのは毎日行って習慣づけることです。背筋を鍛える習慣がつけば、無理しなくても徐々に筋力がアップしていきます。
それ以外で注意したいのは、バッグなどの荷物を持つときは利き腕だけで持たないで両手で交互に持つように心がけるということです。利き腕ばかりで持っていると体のバランスが悪くなり、腰痛の原因になることがあります。
また疲労が原因で起こる腰痛もありますので要注意です。ゆっくりとお風呂に入ったり、時々マッサージに行ったりして肉体的疲労を取り除くようにしましょう。それから椅子に座ることが多い人は、時々腰を伸ばすストレッチを心がけましょう。ストレッチすることで腰の負担を軽減させることができます。

TOPICS

腰痛になりやすい人の特徴について

これまでに自分は腰痛で苦しんできたという人は多いと思います。ですが、実際に腰痛になった原因をしっかり把握している人はあまりいないと思います。なぜなら、多くの方は気づいた時にはもう腰痛になっている…

もっと詳しく

腰痛予防に私が試したこと3つ

学生時代に部活でバスケットボールに励んでいた頃から、慢性的な腰痛で30を過ぎた今まで悩まされてきました。特に冬場は腰痛がひどく、何とか腰痛予防になる方法はないかと、自分なりに情報をかき集めて、次…

もっと詳しく

腰痛を防ぐ日ごろの心がけ

多くの場合、腰痛の原因は筋肉がこわばっているためだといわれます。腰の筋肉がこわばると筋肉痛になり、腰がずっしりと重くだるい感じになります。このタイプの腰痛を防ぐには日ごろの心がけが大切です。毎日…

もっと詳しく